新型コロナウイルスとCOVID-19は犬や猫にも感染・発症する?

jc-gellidon-TPZNooS1Meg-unsplash
LINEで送る
Pocket

※本記事は2020/03/21時点での情報を参考にしています。

毎日のように報道されている、中国で発生した新型コロナウイルスによる猛威。

新型コロナウイルスの感染源が野生動物という報道も出ていますが、犬や猫を飼育している方が心配するのは自分だけでなく、愛犬・愛猫にも感染しないのかということです。

今回は新型コロナウイルスと、犬や猫のコロナウイルスについて解説していきたいと思います。

リモサボン

犬や猫は”新型”コロナウイルスに感染する?

mythbuster-1
WHO:Coronavirus disease (COVID-19) advice for the public: Myth busters

現時点で、犬や猫が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を媒介するという証拠はありません。

※「2019-nCoV」:新型コロナウイルスの当初の呼称
※現時点:2020/03/21時点での情報を元にしています。

ただし、あくまでも ”現時点” での情報となりますので、確実な情報が出るまでは正直安心ができません。

「ペットから新型コロナウイルスに感染しますか?」という問いに対する、WHO(世界保健機関)による回答が以下のとおり。

At present, there is no evidence that companion animals/pets such as dogs or cats can be infected with the new coronavirus. However, it is always a good idea to wash your hands with soap and water after contact with pets. This protects you against various common bacteria such as E.coli and Salmonella that can pass between pets and humans.

(日本訳)
現在、犬や猫などのコンパニオンアニマル/ペットが新しいコロナウイルスに感染しているという証拠はありません。ただし、ペットとの接触後は石鹸と水で手を洗うことをお勧めします。これにより、ペットと人間の間を通過する可能性のある大腸菌やサルモネラなどのさまざまな一般的な細菌から保護されます。

Q&A on coronaviruses WHO

追記:2020/03/02
香港で犬にも弱いながら、SARS-CoV-2の陽性反応が確認されたとの報道がありました。
ただし、この犬がCOVID−19を発症したわけでもなく、犬が感染源になっているという確証が出たわけでもありません。
追記:2020/03/21
この犬は数回の検査の後、陰性であると判断されて自宅に戻ることができましたが、残念ながら2日後に亡くなってしまいました。

この香港の犬から弱陽性反応が出たことから、これまで感染例のなかった事実も覆されたため、現在はWHOから発表されていた上記のイラストも削除されています。(2020/03/21時点)

この犬については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

人間同士の感染はもちろんながら、帰宅時にはうがい・手洗い・アルコール除菌などをしっかりと行ってからペットと触れ合うようにしましょう。

そもそも、コロナウイルスとは?

cdc-BbP7rqIGB3c-unsplash
Photo by CDC on Unsplash

「コロナウイルス」とは突起物のある球状のウイルスの総称です。

大きさは直径約100nm(ナノメートル)ほど。当然ながら顕微鏡でなければ確認することは出来ません。

2020年の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を含め、犬や猫に存在するコロナウイルスは、

ニドウイルス目 – コロナウイルス科 – コロナウイルス亜科

に分類されるウイルスで、コロナウイルス亜科から更に「α」「β」「γ」「δ」というグループ(属)に分けられます。

  • αコロナウイルス属(アルファ-コロナウイルス)
  • βコロナウイルス属(ベータ-コロナウイルス)
  • γコロナウイルス属(ガンマ-コロナウイルス)
  • δコロナウイルス属(デルタ-コロナウイルス)

コロナウイルス亜科について

  • SARS-CoV(SARSコロナウイルス)
  • MERS-CoV(MERSコロナウイルス)
  • SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)

上記の名の知られたコロナウイルスは、βコロナウイルス属(ベータ-コロナウイルス)のコロナウイルスです。

一方、

  • CCoV(犬コロナウイルス)
  • FCoV(猫コロナウイルス)

についてはαコロナウイルス属(アルファ-コロナウイルス)のコロナウイルスです。

上記の通りコロナウイルスにも種類が存在しており、今回世間を賑わせている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と、犬コロナウイルス、猫コロナウイルスとは異なるグループのコロナウイルスなのです。

犬や猫のコロナウイルスは人にも感染する?

上記で説明してきた通り、基本的に犬や猫のコロナウイルスがヒトへと感染する事はないと考えて良いでしょう。またその逆で、今回の新型コロナウイルスが犬や猫へも感染を拡げることも考えにくいことなのです。

ただし、ウイルスは変異することもあるので、今後は形を変えて感染する可能性も0%ではありません。

また、コウモリに関してはαコロナウイルスとβコロナウイルスに共通して感染するため、犬や猫、人も含めて絶対に感染しないという確証はありません。

現在のところ、犬や猫のコロナウイルスが人にも感染するということは確認されていませんので、過度に心配する必要はありませんが、手洗いやうがいといった最低限のケアは必要といえるでしょう。

犬コロナウイルスについて

close-up-of-dog-yawning-248307
新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」は、主に飛沫感染や分泌物による接触によってヒトからヒトへ感染を拡大しています。

一方、犬コロナウイルスの感染経路となるのが、ウイルスを含んだ糞尿からの経口感染で、その多くが親犬→子犬へと感染を拡げているケースがほとんどと考えられています。

また、犬コロナウイルスにもいくつかの種類があり、比較的に一般的なのが「犬コロナウイルス1型」「犬コロナウイルス2型」、他にも「犬呼吸器コロナウイルス」という犬コロナウイルスも存在します。

子犬に多く、他の病気を併発すると危険な状態に

犬コロナウイルスによる感染症状は子犬がほとんどで、成犬は無症状である場合がほとんどです。

子犬であっても軽症であれば下痢や嘔吐、食欲低下といった症状が引き起こされますが、動物病院で対症療法を行うことで回復が見込まれます。

ただし、「犬パルボウイルス感染症」などの感染症を併発してしまうと、命を落としてしまうケースが多くなります。

子犬は体力も少ないため早期発見が非常に重要となりますので、下痢がひどかったり、便の悪臭がいつもと異なる場合は念の為、動物病院で検査を受けるようにしましょう。

猫コロナウイルスについて

photo-of-three-cats-749212
猫コロナウイルスも犬コロナウイルス同様、糞便や水飲みなどの経口感染によって感染し、症状も下痢や嘔吐、食欲低下と同様のものですが、猫によって症状は異なります。

ただし、猫コロナウイルスの感染猫のうち、低い確率で猫コロナウイルスから「FIPV(Feline Infectious Peritonitis Virus)」という恐ろしいウイルスに突然変異する場合もあります。

外飼いをやめ、家庭内でのみ飼育することが大切です

FIPVによって引き起こされる「FIP(猫伝染性腹膜炎)」と呼ばれる病気。

猫を飼っている方であれば聞いたことがあるかと思いますが、致死率もかなり高く、多くの場合は命を落としてしまう事となります。

猫の場合、母子感染はもちろん多頭飼育や外飼いを行っているケースも多く、毛づくろいや喧嘩などから経口感染する場合が多いため、外飼いは避けるようにするのが一番の回避策となります。


混同しがちなウイルスと病名の違い

おまけとして、混同しがちな「ウイルス」と「病名」の違いについて説明していきたいと思います。

報道では「コロナウイルスに感染」といったように、コロナウイルスへの感染=病名かのように扱われていますが、コロナウイルスとはウイルスの名称であって病名ではありません。

コロナウイルスといえば、2002年の中国で発生した「SARS(サーズ)」という病気が非常に有名ですが、SARSとは重症急性呼吸器症候群(Severe Acute Respiratory Syndrome)の略称です。

このSARSの原因となるコロナウイルスがSARS-CoV(Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus:SARSコロナウイルス)というコロナウイルスです。

一方、今回猛威を奮っている新型コロナウイルスはSARSコロナウイルスの近縁種で、SARS-CoV-2(Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2)というSARSコロナウイルスが原因となっています。
※当初は「2019-nCoV」という仮称で呼ばれていました。

新型コロナウイルスによって発症する「COVID-19」

2020年2月11日、この新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」によって引き起こされる病名がWHOによって「COVID-19」と決定されました。

因みに、COVID-19(CoronaVirus Disease, 2019)という病名は”2019年に発生したコロナウイルス” という意味を持つという病名です。

新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」はSARSコロナウイルスの近縁種ですが、SARS-CoV-2に感染することで発症する病気は、SARSではなく「COVID-19」という病気というわけです。

今回の新型コロナウイルスを例にまとめると、

  • コロナウイルスの名称が「SARS-CoV-2」
  • SARS-CoV-2の感染による病名が「COVID-19」

となります。

さいごに

犬や猫以外の動物にもコロナウイルスは存在しており、それぞれに異なる感染症状が引き起こされることを説明してきました。

人間のコロナウイルスがペットに感染するケースは現在のところ考えにくい感染ルートとなりますが、ウイルスは形を変えて悪影響を及ぼしてきます。

今回の新型コロナウイルスでも気付かされますが、普段からウイルスの感染を未然に防げるよう、愛犬・愛猫も清潔な飼育環境を整えてあげるようにしましょう。

【参照】

※ご紹介した情報はWEBサイトなどから内容を参考・引用させて頂いておりますが、執筆時点での情報の為その後内容に変更があり情報に誤りが生じる場合がございます。
※記事の内容に関する変更・リンク等削除依頼は随時承っておりますのでこちら からご連絡ください。

LINEで送る
Pocket

minotake office代表 北海道札幌市でペット用品販売を行っています。

コメントを残す

Scroll to top