犬や猫が防虫剤成分の「パラジクロルベンゼン」を誤飲・誤食してしまったら?

cat-2561563_1280-min-1024x678
LINEで送る
Pocket

防虫剤には「ナフタレン」や「エンペントリン」など、商品によって異なる防虫成分が使用されています。その中でも特に多く利用されている防虫成分が「パラジクロルベンゼン」と呼ばれる成分です。

今回はこのパラジクロルベンゼンを使用した防虫剤を、犬や猫が誤飲・誤食してしまった場合について解説していきたいと思います。

リモサボン

防虫成分「パラジクロルベンゼン」

clothing-3371659_1280-min
現在市販されている防虫剤に多く使用されている「パラジクロルベンゼン」。

なお、パラジクロルベンゼンは他にも、下記のように表記されている場合もあります。

  • パラジクロロベンゼン
  • p-DCB
  • パラ-DCB

パラジクロルベンゼンは防虫剤にも多く使用されているとおり、防虫成分としても効果が高く、カビを防ぐ効果も兼ねている優れた成分です。

市販されている商品は心配ありませんが、パラジクロルベンゼンが高濃度である場合には、犬や猫だけでなく、人体にも悪影響を及ぼす可能性もある成分でもあります。

人体にも悪影響を及ぼすパラジクロルベンゼン

2008年に起きたパラジクロルベンゼンが原因となる有名な事件。

この事件では、防虫剤の側に置かれていたカップラーメンがパラジクロルベンゼンを吸収してしまい、このカップラーメンを食べた方々が体調を崩したことで事件が発覚しました。

防虫剤からは独特な臭いが発せられていますが、この特徴的なニオイの正体は常温で気化したパラジクロルベンゼンです。
※最近はパラジクロルベンゼンを使用していない防虫剤もあります。

売り場に置かれていた防虫剤とカップラーメンなので、容器や包装もしっかりとされていたわけですが、この事件からパラジクロルベンゼンは “包装” も通してしまう事がわかったわけです。

事件以後は、容器の改良や注意喚起が行わるといった事態に発展していきました。

防虫剤を誤飲した場合はすぐに動物病院へ

cat-2561563_1280-min-1024x678
参考文献 によるとパラジクロロベンゼンの推奨使用量は1包あたり8gという情報が公表されています。

実際にパラジクロルベンゼンを使用している商品を例に取ると、1袋400g(50包)という内容の商品で、1包あたりおおよそ8gのパラジクロルベンゼンが含まれていると、おおよそ計算されます。
※香料なども含まれるので、確実に8gであるかは不明

パラジクロルベンゼンは、人間の場合でも体重1kgあたり0.1g以上を誤飲した場合、受診が必要であると判断される成分で、ラットによるLD50は3.8g/kgという結果が出ています。
※LD50:致死半数の割合

4kgの犬は約2包で警戒レベル

4kgほどの犬猫の場合、パラジクロルベンゼンを使用した防虫剤 2包を誤飲・誤食してしまうとかなり危険な状態と言えるでしょう。

そのまま犬や猫に当てはめるのは難しいですが、誤飲・誤食の場合には直ちに動物病院に向かう必要があります。

ただし、動物病院までの距離が遠い場合など、時間を要する場合にはすぐに吐かせる事が重要であるケースもあります。

この場合、動物病院に連絡をいれて判断を仰ぐようにしましょう。

パラジクロルベンゼンは「水」で吐かせる事が重要です

パラジクロルベンゼンを誤飲・誤食してしまった場合には「水」を飲ませて吐かせる事が大切です。

注意しなければならないのが「牛乳」など、脂肪分のあるもので吐かせようとする場合です。

パラジクロルベンゼンは “脂溶性” の成分であり、牛乳を飲ませてしまうと脂肪分として共に体内に吸収されてしまうため、”水” で吐かせることが大切なのです。

そもそもが「ペット用の牛乳」でなければ別の悪影響も懸念されますが、防虫剤を誤飲してしまった場合は水で吐かせるということを覚えておきましょう。

パラジクロルベンゼンを誤飲してしまった場合の症状とは

cat-1843241_1280-min

パラジクロルベンゼンを摂取してしまった場合、犬猫には神経系の症状がみられるようになります。

具体的には「嘔吐」の症状のほか、歩行困難や発作といった神経系に関連する症状が見られるようになります。

また、場合によっては白内障や肝障害、貧血を発症するケースもあるようです。

因みに防虫剤成分として使用される「ナフタレン」は、パラジクロルベンゼンのおおよそ2倍の悪影響があるとされています。

ナフタレンを使用した製品はパラジクロルベンゼンよりも少ないですが、現在利用中の防虫剤の成分を、念の為確認してみても良いかもしれません。

さいごに

今回はパラジクロルベンゼンについて解説してきました。

パラジクロルベンゼンは犬や猫にとって毒性のある成分ではありますが、誤飲・誤食にさえ気をつけていれば、防虫効果も高い優れた成分ではあります。

万が一誤飲・誤食してしまった場合には、すぐにかかりつけの動物病院に連絡、もしくは受診して早急に対処するようにしましょう。

【参照】

※ご紹介した情報はWEBサイトなどから内容を参考・引用させて頂いておりますが、執筆時点での情報の為その後内容に変更があり情報に誤りが生じる場合がございます。
※記事の内容に関する変更・リンク等削除依頼は随時承っておりますのでこちら からご連絡ください。

LINEで送る
Pocket

minotake office代表 北海道札幌市でペット用品販売を行っています。

コメントを残す

Scroll to top