50%以上のペットが経験?ペットとの引越しで大変だった事とは

41913950145_a50be3b00f_b-min

引越しシーズンを迎える4月。引越しというと大変な思いだけが頭をよぎりますが、アイペット損害保険株式会社から発表された「ペットとの引越しに関する調査」を見てみると、ペット同伴による引越しの大変さやトラブルの内容が見えてきました。


アイペット損保が行った「ペットとの引越し」調査

dog-1313241_1280-min
今回は「アイペット損害保険株式会社」から面白いデータがリリースされていたのでご紹介。

そのデータとは「ペットとの引越しに関する調査」というもので、犬猫の飼育者1,062人を対象にしたペット同伴での引越しに関する経験やトラブルについての調査が行われ、数値化したデータです。

このデータでは、ペットとの引越しについて大変な事は何か、ペット同伴での引越し事情はどのようなものなのかが見えるものとなっています。

約半数の飼育者がペットとの引越しを経験

犬猫の飼育者1,062人のうち、ペットとの引越しを経験したことがあると答えたのは50.2%と、飼育者のうち約半数はペット同伴での引越しを経験している統計が見られました。

そういう私もペット同伴での引越しは、今まで2回ほど経験していますが、いずれも大変だった記憶しかありません。私の場合はペット同伴での引っ越しというより、ペット可の物件探しが大変だった、もしくはペット礼金に泣かされたという大変さでした。

ペットとの引越しで大変だったのは?

69b08543160eb58fc1420c32249f6959
アイペットの調査結果で「ペットとの引越しで大変だったのは?」という問いに対し、取られたデータは上図の通り。

前述でも触れたとおり、私と同じようにペット可の物件を探すことに手間取ったと答えた方が約2割ほどいるようです。

実際にペット可の物件自体はたくさんあるのですが、私の場合は犬が2匹で、そのうちの一頭が「中型犬」のケースや、犬が3頭いるケースであったため、物件探しが難航したわけですが、ペット可の物件の多くは「小型犬1頭(猫も1匹)」までというのが一般的かもしれません。

最も多かったのはペットと「長距離」で引っ越すこと

また、引越しに伴うペットとの長距離移動が困ったという方が最も多い23.7%という結果に、3番目に多かったのがペットの様子が引越し後に変わったという調査結果に。

車を持っていない、単身の方が多かったりもするのでしょう。こちらの記事ではペットタクシーについて解説していますが、ペットの長距離輸送にもお金がかかってしまったりもしますので、引越し費用にプラスαの費用が発生することに問題を抱えているのかもしれません。

引越し後はペットも強いストレスがかかります

7206692620_0b6eede05e_b-min
Photo credit: quinn.anya on Visualhunt.com / CC BY-SA

続いての調査では、引越し後のペットの様子で当てはまるものは?というもので、中でも最も多かったのが「落ち着かない(71.6%)」というもの。

これは私達、人間も新しい場所では落ち着かないのが当たり前のように、ペットたちも同じような不安を抱えているので当然といえば当然な結果と言えるでしょう。

それに伴って起きているのであろう結果が、2番目に多かった「夜泣き・吠え続ける(27.2%)」というもの。新たな引越し先で夜泣きや遠吠えは困りますね。

愛犬・愛猫の不安を取り除くために、引越し後はできるだけ一緒の時間を増やしておくことが大事です。

極度の不安からくるトラブル

続いて「ご飯を食べない(23.5%)」「元気消失(22.2%)」「トイレの失敗をする(21%)」「下痢・嘔吐など(17.3%)」「攻撃的になった(9.9%)」と続いていきますが、いずれも新たな環境に置かれて極度の不安になっている事が原因のものばかり。

こうした状態になる前に、引越し後はできる限りすぐにケアしてあげるのが理想的ですが、あまり休みも取っていられないという場合も多いでしょう。しかしながら、愛犬・愛猫の不安を取り除いてあげられるのは飼い主さんしかいません。

ペット同伴の引越しでは、愛犬・愛猫のケアも引越し準備のひとつとして理解しておくことが大事になりますので、引越し後はペットのための1日も準備しておく事が理想的です。

1日ペットのために割いたからと言って、すぐにペットが新しい環境になれるわけではありませんが、ストレスのかかり具合は大きく軽減できるでしょう。

老犬・老猫は特にケアが必要

老犬・老猫は引越しによって体調を崩してしまいかねませんので、特に注意が必要です。できることであれば、老犬・老猫がいる場合は引越しを控えたいところですが、事情があっては仕方のないことです。

特にご飯を食べなくなる事は、元気の消失にも繋がります。食事の管理は注意深く行わなくてはなりません。我々人間も同じですが、強いストレスがかかるとお腹を壊してしまったり、食欲がわかなくなることがあります。

これは犬や猫も同じで、環境が変わることで消化器系に影響が出ることがあります。いつものご飯を与える際に、消化しやすいように少しふやかしてあげたり、食欲が出るように適切な野菜をトッピングしてあげるのも一つの方法です。

ペットはどれくらいで新しい環境に慣れる?

41913950145_a50be3b00f_b-min
Photo credit: FaceMePLS on Visual hunt / CC BY

続いての調査は「ペットが引越し後にどれくらいで慣れたか」というもの。

この問に、「すぐに慣れた」というのが28.5%と1番多く、続いて「1日〜3日未満」が26.1%、「3日〜1週間程度」が19.1%、「1週間〜2週間未満」が14.5%、「2週間〜1ヶ月未満」が7.3%、「1ヶ月以上」が3.2%、「慣れなかった」が1.3%という結果に。

ペットの3割は環境に慣れるのに1週間以上

この統計を見ても、やはり半数のペットは1日〜3日ほどで新しい環境に順応しているようですが、約3割ほどのペットは慣れるまでに1週間以上の時間を要していることがわかります。

ただし、これも前述の通り、できるだけ飼い主さんが引越し後にペットへのフォローを行うことで軽減させることができる部分かと思います。

神経質な性格のペットなど、愛犬・愛猫の性格にもよるところですが、神経質なペットであればなおさらのこと、しっかりと引越し後にケア日を設けてあげるのがベストと言えるでしょう。

引越し後に慣れさせるために行った事は?

cat-829121_1280-min
続いてペット同伴での引越し後に、ペットに対して行った事は?という質問に対して、最も多かったのは「一緒にいる時間を増やした(60.5%)」というもの。

2番目には「引っ越し前に使っていたもので安心させた」が44.4%、「そっとしておいてあげた」が37%、「ペットが喜ぶことをしてあげた」が30.9%、「新居に落ち着くスペースを作ってあげた」が27.2%、「新居を引っ越し前の間取りに近づけた」が12.3%となっていました。

引越しのタイミングですべて一新しないように

調査ではこのようにバラバラの統計が取られましたが、基本的に引越し後はこれらすべてのケアを行ってあげるのがベストです。

そっとしておくか、喜ぶことをしてあげるかはペットの性格にもよるところですが、自分の匂いがするマイスペースを作ってあげ、ペットの性格に沿ったケアをしてあげることで、体調を崩したりといったトラブルは防げる可能性は高いでしょう。

引越し前に古くなったからと言って、愛用のベッド類などを一新してしまわないのがポイントです。自分の匂いがする物があれば、新しい場所でも少しはストレスの軽減に役立てられます。

ペットも引越した後の手続きを忘れずに!

17233058042_b2a96148e4_b-min
Photo credit: naiaraback1 on Visual Hunt / CC BY

ペットとの引越しはこの調査の通り大変なことばかりではありますが、ペットに関連する手続きも忘れずに。

私達が引越した時には住所変更手続きなど、住所が変わることで色々な手続きが発生しますが、忘れがちなのがペットに関係する手続きです。

日本では「狂犬病予防法」が定められており、生後91日以上の犬は市区町村への登録と毎年の狂犬病予防接種が義務付けられています。あくまで登録が必要になるのは犬のみで、猫や鳥、小動物は該当しません。

引越し先では新たな「畜犬登録」を

その年に予防接種を受けていれば、新たに狂犬病予防接種を受ける必要はありませんが、引越し先では新たに畜犬登録を行う必要があるのです。

引越しの手続きに関してはの記事でも詳しく解説していますので、確認してみましょう。

この他、ペット保険の住所変更やペット関係のサービスを利用中の方は、住所変更を忘れずに。利用する直前で気がついて、利用したいタイミングに間に合わなかったなんて事態にならないよう、今一度チェックしておくことをおすすめします。

さいごに

ペットと一緒に生活している以上、引越し時には大変な目に遭うのはアイペットの調査からもわかるとおりですが、意に介さず突然知らない場所に移動させられるペットの気持ちを考えると、引越しは大きなストレスになるのは明確です。

この調査結果から起こりうるトラブルを予測して、予めペットとの引越しを準備万端にするようにし、飼い主さんもペットもストレスにならないようにしましょう。

【参照】

  • 札幌市 : 犬の登録と狂犬病予防注射
  • アイペット損害保険株式会社 – ペットとの引越しに関する調査

※ご紹介した情報はWEBサイトなどから内容を参考・引用させて頂いておりますが、執筆時点での情報の為その後内容に変更があり情報に誤りが生じる場合がございます。
※記事の内容に関する変更・リンク等削除依頼は随時承っておりますのでこちら からご連絡ください。

minotake office代表 北海道札幌市でペット用品販売を行っています。

コメントを残す

Scroll to top