北海道も油断は禁物!犬の熱中症についての知識と予防・対策について

44465136551_d6e71ceef1_b-min

夏は犬も人間も「熱中症」に注意が必要な季節です。特に犬が熱中症を発症すると30%〜50%の確率で命を落としてしまうというデータもあることから、熱中症を発症させない対策が最も大切になってきます。

そのためには、まずは熱中症についての知識を深めておくことが大切になります。


最も多く、犬が熱中症を発症する場所は?

44465136551_d6e71ceef1_b-min
Photo credit: wuestenigel on VisualHunt.com / CC BY

近年では熱中症による啓蒙も増えていることから、太陽の下でなくとも、車内や自宅においても熱中症に気をつけなければならないということは、広く知られてきているかと思います。

これは犬にとっても同じことが言え、アニコム損害保険株式会社の発表によると、最も多く犬が熱中症を発症する場所は「散歩中」や「ドッグラン」、続いて「家のリビング」と報告されています。

その割合も、「散歩中・ドッグラン」が48.0%「リビング」が44.0%、「旅行先」などその他の割合が8.0%という結果。リビングの割合が思っていたよりも多い印象ではないでしょうか。

リビングで犬が熱中症になったその時、家族も家に居たという状況

家のリビングで熱中症になるということは、留守中に発症してしまったのねと思いきや、実は留守中に熱中症を発症したというのは36.4%にとどまり、家族も家にいたのに熱中症を発症したという割合が63.6%という驚きの結果に。

我が家でもそうですが、留守にさせる時はクーラーや扇風機など、できる限りの熱中症対策を講じてからお出かけすることが多いですが、家族が家にいると以外に油断してしまう事が多いのかもしれません。

この結果を見ると愛犬や愛猫も危険な状況ですが、同様に飼い主さんも危険な状況であるということも言えるかもしれません。

熱中症にかかりやすい犬について

bordeaux-1351675_1280-min
熱中症は炎天下やリビングなど、飼育環境に注意する必要がありますが、犬の年齢や犬種によっても注意しなければなりません。

熱中症における死亡率は30%〜50%という報告もされていることから、犬にとっての熱中症は、人間以上に命に関わる問題であることがわかります。

特に「仔犬」や「老犬」は温度管理にも細心の注意が必要になります。また、呼吸器系疾患のある犬をはじめ、病中・病後の犬や肥満体型の犬も温度管理は重要なポイントになります。

犬は体内の温度調節を呼吸することで行いますが、呼吸器系に疾患を持っている犬は思うように呼吸や温度調節を行うことができず、熱中症だけでなく持病を悪化させる要因となります。温度管理や湿度管理を徹底するようにしましょう。

呼吸器系に問題を抱えやすい短頭種の犬は注意!

パグやフレンチブルドッグ、シーズー、ボストンテリアといった短頭種の犬種は熱中症対策をしっかりと行わなくてはなりません。

短頭種の犬はマズル(鼻の部分)の長い犬種に比べて気道が短いので、呼吸器系の疾患にかかりやすいと言われています。気道が短い=呼吸がしにくいということもあり、マズルの長い犬種よりも温度管理・湿度管理に注意しなければなりません。

長毛種の犬ももちろん注意!

当然?ながら長毛種の犬種も熱中症対策は必須です。見るからに暑苦しい容姿ですが、特に原産国が寒い地方である長毛種の犬種は、寒さを凌ぐために進化してきているため、日本のように高温多湿の環境は苦手な環境と言えます。

本格的に暑くなる前に、ブラッシングをしっかりと行ってムダ毛を取り除き、できるだけ毛の中に温度がこもらないような状態にしてあげる事が大切です。

犬に最適な温度・湿度はどれくらい?

dog-665159_1280-min
犬の熱中症は、直腸温が41℃以上である場合に熱中症と判断され、体の様々な部位にダメージが起き始めます。

筆者が最も信頼しているサイト「子犬のへや 」によると、犬の脳は42℃の場合は45分程度で限界を迎え、43℃になると15分程度で限界を迎えてしまうとのこと。限界=死亡を意味しますが、それ未満でも脳や体に致命的なダメージが加わる事でしょう。

そこで必要になるのが、犬に最適な温度や湿度の知識です。ただし、犬種や犬の状態によって、必ずしもすべての犬が同じ温度・湿度であるわけではありませんので、あくまでも参考値として理解しておくようにしましょう。

犬に最適な温度は何℃?

犬に最適な温度は夏と冬で微妙に異なりますが、1年を通じて25℃前後と理解しておくと良いでしょう。

特に夏は28℃を上回らないように工夫を、冬は20℃を下回らないような工夫をしましょう。温度を超えたからと言ってすぐに体調を崩すわけではありませんが、注意が必要になる目安の温度として理解しておくと良いでしょう。

犬に最適な湿度は何%?

犬に適した湿度は最低でも50%を切らないようにし、50%〜60%程度を目安にすると良いでしょう。

ただし、呼吸器系にトラブルを抱えている犬などは湿度70%前後がベストな場合も。呼吸の仕方や咳などの症状を注意深く観察し、愛犬の状態にベストな湿度を判断することが大切です。

実は熱中症に注意が必要な北海道

great-dane-3978165_1280-min
犬の熱中症はリビングでも発症しやすいことに触れてきましたが、やはり注意が必要なのは散歩中や外に遊びに出かけた時です。しかし、北海道民としては東京や沖縄ほど気温も高くならないため、よほど炎天下でなければ意外と油断してしまいがちではないでしょうか。

日本国内でも北海道は夏の避暑地として人気の高い場所で知られていますが、実は北海道は熱中症に特に注意しなければならない場所という見方もあります。

沖縄などより気温も低い北海道で、熱中症の心配?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、前述の通り、熱中症は気温だけによるものではありません。

そこでまずは、過去100年間のデータによる、北海道の気温上昇について見てみましょう。

北海道の温度上昇は国内&世界の平均よりも高い

日本国内において観測されているデータでは、1898年〜2015年に渡る約100年間のあいだで、平均気温はおよそ1.16℃の割合で上昇しています。

この温度上昇は世界平均と比較しても同様の割合なのですが、北海道にターゲットを絞ってみてみると、平均気温の上昇は1.59℃と日本国内・世界平均の温度上昇よりも高い上昇率となっています。

北海道内で1898 年以降観測を継続し、長期間にわたって均質なデータを確保できる 7 地点(旭川、網走、札幌、帯広、根室、寿都、函館)を平均した年平均気温は、1898 年から 2015 年にわたって 100 年あたりおよそ 1.59℃の割合で上昇している。

北海道でも都市部は特に注意!

hokkaido-430456_1280-min
全国平均よりも、北海道の平均気温の方が上昇しているとは驚きですが、これはあくまでも北海道全体の平均気温。北海道は土地も広いので、場所によって平均気温は異なるものになりますが、中でも注意が必要なのが都市部です。

都市部では人工的な排熱や、自然が少ないことが影響して気温が上昇してしまう「ヒートアイランド現象」が近年、特に問題視されていますが、北海道内の観測地点では「札幌」「旭川」「帯広」に注意が必要です。

下記の表は北海道内の観測地点それぞれの、観測100年間でどれだけ平均気温が上昇したかを表したものです。

地点名 平均気温
札幌 +2.4℃
旭川 +1.9℃
帯広 +1.9℃
函館 +1.6℃
網走 +1.3℃
根室 +1.1℃
寿都 +0.8℃
北海道平均 +1.6℃
日本平均 +1.2℃

「札幌管区気象台 – 北海道の気候変化【第2版】」より

札幌、旭川、帯広はヒートアイランド現象による気温上昇に注意

都市化の影響が低く、気温の上昇率が低い北海道内の観測地は「寿都」で+0.8℃の上昇、「根室」の+1.1℃といったように、北海道全体の平均気温よりも下回る上昇率となっています。

しかし、旭川と帯広が+1.9℃と平均気温よりも0.3℃のプラスに、札幌に関しては+2.4℃と平均気温よりも0.8℃もプラスの平均気温になっています。ヒートアイランド現象による影響の大きさがわかりますね。

いずれにしても北海道全体、日本全体が気温上昇していることに変わりはないので、どの地点においても楽観視はできませんが、北海道内でも都市部は特に注意しなければなりません。

真夏のアスファルトは高熱注意!

dog-3640784_1280-min
前述ではヒートアイランド現象について触れてきましたが、真夏日においてはどの場所も同様に、アスファルトの温度に気をつけなければなりません。

真夏のアスファルトの温度は、なんと60℃を超える温度に達する事もあるため、熱中症に限らずパッド(肉球)の火傷などにも注意が必要です。

パッドの火傷対策には犬用の靴も販売されているので、導入を検討してみても良いでしょう。また、犬用の靴は災害時にも活用できるので、普段から慣れさせておくという意味でもおすすめのアイテムです。

始めは歩き慣れないのでぎこちない歩きかたになりますが、続けることで徐々に慣れていってくれるでしょう。

散歩に行く時間帯を意識的に変えることも大事です

犬のお腹は毛量も少なく、内臓などに直にダメージが加わります。ダックスフンドなど、胴長短足な犬種は地面とお腹の距離が近いため、特に注意が必要です。

朝の散歩であれば、温度が上昇し始める前に行くようにし、夕方の散歩であれば日が沈んだ時間帯に行くのがベスト。また、アスファルトの温度はすぐに冷めることはないため、温度が下がり始めたからと言って油断はできません。

夕方の散歩に関しては、一度飼い主さんがアスファルトに触れて、温度を確かめてみるようにしましょう。

また、7月・8月と真夏日を超えたからと言って油断は禁物です。4月〜5月、9月は意外と熱中症対策にも油断が生じやすいタイミングですが、天気予報などで温度のチェックや熱中症予報をチェックするようにしましょう。

「犬の熱中症週間予報」を確認してみよう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

アニコム anicom Pet Insuranceさん(@anicom8256)がシェアした投稿


ペット保険大手のアニコム損害保険株式会社では、2013年から犬の熱中症予防に取り組んでおり、飼い主さんにもわかりやすいような「犬の熱中症 週間予報」が例年、ゴールデンウィーク前から発表されています。

この犬の熱中症週間予報では、「厳重警戒」「警戒」「注意」「やや注意」の4段階で熱中症の危険度が表されており、全国10箇所の予報を確認することができます。

お出かけのタイミングや毎日の散歩など、その日がどれくらい熱中症の危険度が高いのかを確認できるので、週に1度は確認しておきたいものです。

週間予報を確認して熱中症の予防策を

犬の熱中症週間予報を確認するには、アニコムのSNSをフォローしておきましょう。SNSはフェイスブック、もしくはインスタグラムで発表されます。

熱中症対策に有効な食べ物

kiwi-004
熱中症対策で大事なのは水分を与えること。
もちろん、水分を取らせていれば熱中症にならないというわけではありませんが、最低限の対策として、水は常に切らさないよう、しっかりと管理しておくことが大切です。

また、連日のように暑い日が続くと犬の食欲も低下しがちです。そんな時は適度に果物を取り入れるようにして、食欲増進を図ってみましょう。

水分量の高い果物が特にオススメで、「スイカ」や「いちご」「キウイ 」といった果物は、犬にも安心して与えることのできます。中でもキウイは栄養価も高く、バランスの取れた果物なのでおすすめです。

まずは少量ずつ、消化を確認しながら与えましょう

初めての果物を与える際には、まずは少量から与えるようにし、愛犬がしっかりと消化できるかを確認するようにし、アレルギー反応が起きないかをチェックするようにしましょう。

また、キウイは栄養価も高いですが「シュウ酸」も含まれる食べ物なので、尿路結石(シュウ酸カルシウム結石)を経験した犬は避けたほうが無難かもしれません。

さいごに

犬の熱中症は何時起きてもおかしくない、非常に恐ろしいものです。対策の一つとしてすぐに駆けつけられる動物病院をチェックしておくことも大切です。

記事中でも触れましたが、熱中症を発症してから、ひどい場合では15分程度でかなり危険な状態に陥る場合もあるため、熱中症発症後は1分1秒を争う事態となります。

熱中症対策を講じることは当然ながら、ペット保険などにも加入しておくとより安心です。万が一の事も考え、近隣の動物病院を調べておくようにしましょう。

※ご紹介した情報はWEBサイトなどから内容を参考・引用させて頂いておりますが、執筆時点での情報の為その後内容に変更があり情報に誤りが生じる場合がございます。
※記事の内容に関する変更・リンク等削除依頼は随時承っておりますのでこちら からご連絡ください。

minotake office代表 北海道札幌市でペット用品販売を行っています。

コメントを残す

Scroll to top