ビタミンCも豊富な「みかん」を犬に与えても大丈夫?栄養や与え方について

citrus-fruit-food-fruit-207085-min

ビタミンCが豊富な冬の果物といえば「みかん」が代表格ですが、みかんは犬に与えても良いのかどうかを解説していきたいと思います。また、みかんを犬に与える場合には、どのようなポイントに注意するべきなのか、どのくらいの量を与えてもよいのかを解説していきます。

みかんは犬の免疫力維持や疲労回復の効果も期待できる果物なので、正しい与え方を理解して上手にみかんを与えられるようにしましょう。


犬はみかんが好き?

mandarin-3835620_1280-min
果物が大好きな犬も多いですが、冬の果物の中でも「みかん」は甘酸っぱさが美味しい、自然の甘みが強い果物の一つ。みかんが好きな犬も多く、おやつとして与えるのにも良い果物です。

酸味も強いのでみかんが苦手な犬もいますが、糖分の高いみかんの場合は犬も喜んで食べることでしょう。

そんなみかんには豊富なビタミンが含まれていますが、中でも特筆すべきがビタミンCの含有量です。

ただし、みかんには糖質も多く含まれているので、与えすぎには注意しなければなりません。

温州みかん
果肉部分100g
なつみかん
果肉部分100g
りんご
果肉部分100g
エネルギー 45 kcal 40 kcal 57 kcal
水分 87.4 g 88.6 g 84.1 g
カリウム 150 mg 190 mg 120 mg
ビタミンC 33 mg 38 mg 4 mg
ブドウ糖 1.8 g – g 1.4 g
果糖 2.1 g – g 6 g
葉酸 22 μg 25 μg 2 μg
チアミン(ビタミンB1) 0.09 mg 0.08 mg 0.02 g

参考:食品成分データベース

犬はみかんを食べても大丈夫?

adorable-animal-breed-1289557-min
人間の場合は体内でビタミンCを合成することができないため、食べ物などからビタミンCを摂取する必要がありますが、犬は体内でビタミンCを合成することができるため、あえてビタミンCを摂取させる必要はありません。

しかし、犬も人間と同様に運動や強いストレスを受けることで多くのビタミンCを消費しますので、犬にビタミンCを与えることは一概に無意味とは言えません。

とはいえ、前述の通り犬は自らビタミンCを合成することができるため、多くの犬はビタミンCが足りている状態と言えるでしょう。

ビタミンCよりも糖質の摂取量に気をつけたい

犬にビタミンを摂取させる場合には、ビタミンの過剰摂取に注意しなければなりません。

ただし、ビタミンCは水溶性のビタミンですので、過剰分は尿とともに排出されます。そのためビタミンCを過剰に摂取させても、過剰摂取の心配はありません。

犬にみかんを与える場合には、ビタミンCの過剰摂取よりも糖分の摂取量を気にするべきなのです。

犬はみかんの「皮」を食べても大丈夫?

citrus-fruit-food-fruit-207085-min
みかんの「皮」には豊富なビタミンCのほか、果肉部分よりも多くの栄養が含まれています。栄養豊富なみかんの皮も犬に与えたいところですが、みかんの皮を犬に与えるのはおすすめできません。

みかんの皮を食べてしまっても問題はないのですが、皮は消化のしにくい部分であるため、消化不良を起こしてしまう可能性が高くなります。

特に消化能力がまだ備わっていない幼犬は、成犬よりも消化不良を引き起こしかねませんので注意。

成犬であってもみかんを与えるときにはオレンジ色をした「外皮」も、果肉を包む白い膜の皮も取り除き、果肉の部分だけを与えるようにしましょう。

みかんの「種」も取り除いて与えましょう

犬にみかんの「種」を与えるのはおすすめできません。みかんの外皮と同様に、種が消化不良を起こす可能性もあるためです。

余談ですが、あるペット情報サイトでみかんの種に中毒性のある物質が含まれていると紹介されていました。

おそらくビワや梅の種に含まれる「シアン化合物」と勘違いされている気もしますが、国内・海外含めて調べてみても、みかんの種に含まれる成分が何なのかは調べることができませんでした。

ただし、誤ってみかんの種を飲み込んでしまっても、種が消化される前に排泄されるレベルかと思いますので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

ともかく、みかんの種を犬に与える必要はありませんので、しっかりと取り除いて与えるようにしましょう。

犬にどれくらいのみかんをあげていい?

shaadi-ahmadi-_SIblofEqto-unsplash-min
犬が喜ぶからと言って何粒もみかんを与えることのないよう、注意しましょう。

目安となるのは、1日のカロリー摂取量の10%以下。温州みかん100gあたりの果肉部分には45kcalのカロリーが含まれますので、これを計算してみると・・・

5kgの犬(7歳以上、去勢済み)の場合、1日に必要なカロリーはおおよそ281kcalとなりますので、281kcalの10%=28kcalが目安量。ということは、みかんの果肉部分の約50〜60g程度が目安量と計算できます。
(ただし、糖尿病などの疾患を抱えている場合には避けたほうがベスト)

とはいえカロリーよりもまず先に、愛犬がしっかりとみかんを消化できているかを確認することです。

犬にみかんアレルギーは存在する?

みかんに限られた話ではありませんが、みかんにアレルギー反応を示す犬は存在するでしょう。

みかんアレルギーを持つ犬にみかんを与えた場合、考えられる症状としては下痢や嘔吐といった症状になりますが、この場合、少量であっても引き起こされる症状でしょう。

みかんを大量に与えてしまった場合にも、下痢や嘔吐といった症状が見られる場合も(この場合は消化不良が考えられますが)ありますので、初めてみかんを与える場合には、ごく少量のみかんを与えてみるようにしましょう。

※ご紹介した情報はWEBサイトなどから内容を参考・引用させて頂いておりますが、執筆時点での情報の為その後内容に変更があり情報に誤りが生じる場合がございます。
※記事の内容に関する変更・リンク等削除依頼は随時承っておりますのでこちら からご連絡ください。

minotake office代表 北海道札幌市でペット用品販売を行っています。

コメントを残す

Scroll to top