犬のダニ対策を正しく理解!ノミ・ダニ予防と駆除薬の種類・効能を比較

草原と犬のイメージ

犬のノミ・ダニ予防の駆除薬は毎年使うものですし、愛犬に使用する大事な薬なので、できれば中身についてもしっかりと把握しておきたいですよね。実はたくさんの種類があるノミ・マダニ駆除薬ですが、ポイントを理解・整理していくと意外と単純だったりもします。

そこで今回はノミ・マダニ駆除薬の種類や特徴のほか、動物用ジェネリック医薬品や動物用医薬品のネット販売について解説していきたいと思います。


Ad
Ad

犬のノミ・ダニ予防の駆除薬一覧

駆除薬のイメージ

動物病院で処方・販売されているノミ・ダニ駆除薬は意外と多く、すべてを説明すると余計ややこしくなるので、今回は参考として「ペットゴー」で販売されている、以下の犬のノミ・ダニ駆除薬10種類を参考に比較していきたいと思います。

  1. フロントライン スポットオン
  2. フロントライン プラス
  3. フロントライン スプレー
  4. ドッグプロテクト プラス
  5. フィプロスポット
  6. フィプロスポット プラス
  7. マイフリーガード
  8. マイフリーガードα
  9. フォートレオン
  10. プラク-ティック

因みに犬のノミ・ダニ予防の駆除薬を正しく理解していくため、押さえておきたいポイントは2つ。

ポイントの一つは駆除薬の「有効成分」、もう一つのポイントは「ジェネリック」です。

犬のノミ・ダニ予防の駆除薬と「有効成分」

治療中の犬

まずは犬のノミ・ダニ予防の駆除薬で使用される”有効成分“について理解を深めていきましょう。

といっても、成分の詳細を詳しく説明すると長くなりますので、詳しくは別記事で紹介するとして、ここではシンプルにポイントだけを紹介していきます。

駆除薬に使用される代表的な有効成分について

ノミ・ダニ駆除薬の主成分にも色々な種類がありますが、本記事では以下3種類の有効成分に注目していきたいと思います。

  • フィプロニル(フェニルピラゾール系)
  • ピリプロール(フェニルピラゾール系)
  • イミダクロプリド(クロロニコチル系殺虫剤)

そして以下が、今回紹介する犬用ノミ・ダニ予防の駆除薬に使われている主成分の一覧。ほとんどの製品が「フィプロニル」を主成分にしている事がわかります。

有効成分 商品名
フィプロニル フロントライン スポットオン
フロントライン プラス
フロントライン スプレー
ドッグプロテクト プラス
フィプロスポット
フィプロスポット プラス
マイフリーガード
マイフリーガードα
イミダクロプリド フォートレオン
ピリプロール プラク-ティック

因みに上記のほか、セラメクチン、フルララネル、アフォキソラネル、スピノサド、ロチラネル、サロラネル、エモデプシドなど、色々な殺虫成分があります。

この中で有名なものとしては、「レボリューション」という寄生虫駆除薬に使用されるセラメクチンが有名です。

殺虫剤の成分「ピレスロイド」は犬や猫にどのくらいの毒性があるのか

駆除薬に使用される2つ目の有効成分について

ノミ・ダニ駆除薬の主成分は、犬に寄生しているノミやダニ・マダニの”成虫”を駆除する目的を持ち、投与後も約1ヶ月程度は効果が持続します。

一方、ノミ・ダニ成虫の駆除効果に加えて、もう一つの有効成分を持つノミ・ダニ駆除薬もあります。その代表的な成分が以下の殺虫成分です。

【(S)-メトプレン】

ノミの体内に浸透し、ノミの成長を阻害する効果を持つ成分です。(S)-メトプレンが浸透しているノミが卵を生んでも、その卵の孵化・成長は阻害されるため、ノミの繁殖を絶つという効果が期待されます。

【ペルメトリン】

ダニの駆除や忌避剤として使用されるピレスロイド系の殺虫成分。蚊に対する忌避効果にも期待される成分です。猫や魚に対しては毒性となる成分のため、同居猫がいる場合は使用できません。

ここまでをまとめると、以下のように分けることができます。

有効成分 1 有効成分 2 商品名
フィプロニル フロントライン スポットオン
フロントライン スプレー
フィプロスポット
マイフリーガード
(S)-メトプレン フロントライン プラス
ドッグプロテクト プラス
フィプロスポット プラス
マイフリーガードα
イミダクロプリド ペルメトリン フォートレオン
ピリプロール プラク-ティック
Ad

犬のノミ・ダニ予防の駆除薬と「ジェネリック医薬品」

草原の犬2

ジェネリック医薬品(後発医薬品とも呼ばれます)とは、“特許”が切れた薬と同じ有効成分で製造・販売される医薬品のこと。

元々特許を持っていた医薬品(先発医薬品)よりも低価格で販売されるのが一般的で、ジェネリック医薬品のメリットでもあります。

今回の例でいうと、先発医薬品となるのは「フロントライン」シリーズで、フィプロニルを使用している他の製品は、全てフロントラインのジェネリックという形になります。

有効成分 先発医薬品 ジェネリック医薬品
フィプロニル フロントライン スポットオン
フィプロニル:10.00g/100mL中
フィプロスポット(同一量含有)
マイフリーガード(同一量含有)
フィプロニル
+
(S)-メトプレン
フロントラインプラス
フィプロニル 100.0mg/1mL中
(S)-メトプレン 90.0mg/1mL中
フィプロスポット プラス(同一量含有)
マイフリーガードα(同一量含有)
プロテクトプラス(同一量含有)

ジェネリック医薬品はネームバリューの無い製品も多いので警戒されがちですが、有効成分・含有量はフロントラインと基本的に変わりません。

ただし、臨床試験結果なども含め、製品としては全く同じというわけではなく、あくまで製品としての独自性は存在します。

犬のノミ・ダニ駆除薬の種類を紹介

草むらと犬

ここまではノミ・ダニ駆除薬の有効成分と、ジェネリック医薬品に分類して見ていきましたが、2つのポイントに分けていくと意外とシンプルな内容で、少し理解しやすくなったかと思います。

続いてここからは、それぞれの製品内容について紹介していきたいと思います。

1.フロントラインプラス/フロントライン スポットオン

「フロントライン」シリーズは先発医薬品としての実績と、多くの試験をクリアしているという高い信頼性を持つノミ・マダニ駆除薬です。

同じ成分、同じ成分量であっても、ジェネリック医薬品とは異なりますので、信頼性を重視するのであればフロントラインを選んでいて間違いはないでしょう。

シャンプーはフロントライン スポットオンが投薬後2日後以降、フロントラインプラスが投薬後1日後以降からが推奨となっており、2週間に1度程度のシャンプーであれば効果に影響はないとされています。

フロントライン スポットオン
動物用医薬品
フロントラインプラス
動物用医薬品
有効成分 フィプロニル
10.00g/100mL中
フィプロニル 100.0mg/1mL中
(S)-メトプレン 90.0mg/1mL中
効能・効果 犬に寄生するノミ、マダニの駆除
【効果の持続】ノミ:1ヶ月〜3ヶ月、マダニ:約1ヶ月
・ノミ、マダニ、シラミ及びハジラミの駆除
・ノミ卵の孵化阻害及びノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防
【効果の持続】ノミ:1ヶ月〜3ヶ月、マダニ:1ヶ月
用法 10週齢以上、または体重2kg以上の犬 8週齢以上の犬
ラインナップ
  • フロントラインスポットオン ドッグS
    (対象:2〜10kg未満)
  • フロントラインスポットオン ドッグM
    (対象:10〜20kg未満)
  • フロントラインスポットオン ドッグL
    (対象:20〜40kg未満)
  • フロントラインスポットオン ドッグXL
    (対象:40〜60kg未満)
  • フロントラインプラス ドッグ XS
    (対象:5kg未満)
  • フロントラインプラス ドッグ S
    (対象:5〜10kg未満)
  • フロントラインプラス ドッグ M
    (対象:10〜20kg未満)
  • フロントラインプラス ドッグ L
    (対象:20〜40kg未満)
  • フロントラインプラス ドッグ XL
    (対象:40〜60kg未満)
原産国 フランス
ブランド ベーリンガーインゲルハイム

2.フロントラインスプレー

「フロントラインスプレー」は、フロントラインスポットオンを同じフィプロニルを配合し、即効性・持続性に優れたノミ・マダニ駆除剤です。

被毛の付け根に向けてスプレーし、被毛全体を湿らせてから自然乾燥を行うことでノミ・マダニの駆除効果を発揮するという医薬品で、体重1kgあたり3ml(フィプロニル 7.5mg含有)を基準量にし、被毛の長さに応じて6ml(フィプロニル 15mg含有)まで増やすことができます。

効果は1〜3ヶ月間持続し、投薬前後の2日間(計4日間)は水浴び・シャンプーを避けるようにします。

フロントラインスプレー
動物用医薬品
有効成分
(100mL中)
フィプロニル 0.25g
効能・効果 犬に寄生するノミ、マダニの駆除
【効果の持続】ノミ:1ヶ月〜3ヶ月、マダニ:約1ヶ月
用法 10週齢以上、または体重2kg以上の犬
原産国 フランス
ブランド ベーリンガーインゲルハイム

3.フィプロスポット / フィプロスポットプラス

「フィプロスポット」はフロントラインのジェネリック医薬品で、共立製薬から販売される国内自社製造のノミ・マダニ駆除薬です。

「フィプロスポット」がフロントライン スポットオン、「フィプロスポットプラス」はフロントラインプラスのジェネリックとなります。

使用方法や有効成分、含有量といった点はフロントラインと同じ内容ですが、薬剤が入っているピペットの形状が異なり、滴下しやすいように先端に丸い玉が付いたチューブ型ピペットになっています。

フィプロスポット
動物用医薬品
フィプロスポットプラス
動物用医薬品
有効成分
(1mL中)
フィプロニル 100mg フィプロニル 100mg
(S)-メトプレン 90mg
効能・効果 犬に寄生するノミ、マダニの駆除
【効果の持続】ノミ:1ヶ月〜3ヶ月、マダニ:約1ヶ月
・ノミ、マダニ、シラミ及びハジラミの駆除
・ノミ卵の孵化阻害及びノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防
【効果の持続】ノミ:1ヶ月〜3ヶ月、マダニ:1ヶ月
用法 10週齢以上、または体重2kg以上の犬 8週齢以上の犬
ラインナップ
  • フィプロスポット S
    (対象:2〜10kg未満)
  • フィプロスポット M
    (対象:10~20kg未満)
  • フィプロスポット L
    (対象:20~40kg未満)
  • フィプロスポット XL
    (対象:40~60kg未満)
  • フィプロスポットプラス XS
    (対象:5kg未満)
  • フィプロスポットプラス S
    (対象:5〜10kg未満)
  • フィプロスポットプラス M
    (対象:10~20kg未満)
  • フィプロスポットプラス L
    (対象:20~40kg未満)
  • フィプロスポットプラス XL
    (対象:40~60kg未満)
原産国 日本
ブランド 共立製薬

4.マイフリーガード

「マイフリーガード」はフロントラインのジェネリック医薬品で、フジタ薬品が販売する国内製造のノミ・マダニ駆除薬です。

「マイフリーガード」がフロントラインスポットオン、「マイフリーガードα」がフロントラインプラスのジェネリックとなります。

原産国は日本ですが、使用方法や有効成分、含有量はフロントラインと同じく、スポットの形状もフロントラインと同形状。ただし、あくまでもジェネリック医薬品なのでフロントラインとは異なります。

マイフリーガード
動物用医薬品
マイフリーガードα
動物用医薬品
有効成分
(1mL中)
フィプロニル 100.0mg フィプロニル 100mg
(S)-メトプレン 90mg
効能・効果 犬に寄生するノミ、マダニの駆除
【効果の持続】ノミ:1ヶ月〜3ヶ月、マダニ:約1ヶ月
・ノミ、マダニ、シラミ及びハジラミの駆除
・ノミ卵の孵化阻害及びノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防
【効果の持続】ノミ:1ヶ月〜3ヶ月、マダニ:1ヶ月
用法 10週齢以上、または体重2kg以上の犬 8週齢以上の犬
ラインナップ
  • マイフリーガード S
    (対象:2〜10kg未満)
  • マイフリーガード M
    (対象:10~20kg未満)
  • マイフリーガード L
    (対象:20~40kg未満)
  • マイフリーガード XL
    (対象:40~60kg未満)
  • マイフリーガードα XS
    (対象:5kg未満)
  • マイフリーガードα S
    (対象:5〜10kg未満)
  • マイフリーガードα M
    (対象:10~20kg未満)
  • マイフリーガードα L
    (対象:20~40kg未満)
  • マイフリーガードα XL
    (対象:40~60kg未満)
原産国 日本
ブランド フジタ製薬

5.プロテクトプラス

「プロテクトプラス」はフロントラインプラスのジェネリック医薬品で、犬用は「ドッグプロテクトプラス」、猫用は「キャットプロテクトプラス」という製品名で販売されています。

使用方法や有効成分、含有量といった点はフロントラインと同じ内容ですが、国内製造されている点や価格のほか、ピペットの形状もフロントラインと異なり使い勝手の良い形状に。

なお、プロテクトプラスはペットゴーでのみの販売となっており、クーポンも使えるのでかなり割安で手に入るのはメリットと言えるでしょう。

ドッグプロテクトプラス
動物用医薬品
有効成分
(1mL中)
フィプロニル 100mg
(S)-メトプレン 90mg
効能・効果 ・ノミ、マダニ、シラミ及びハジラミの駆除
・ノミ卵の孵化阻害及びノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防
【効果の持続】ノミ:1ヶ月〜3ヶ月、マダニ:1ヶ月
用法 8週齢以上の犬
ラインナップ
  • ドッグプロテクトプラス XS
    (対象:5kg未満)
  • ドッグプロテクトプラス S
    (対象:5kg~10kg未満)
  • ドッグプロテクトプラス M
    (対象:10kg~20kg未満)
原産国 日本
ブランド ベッツワン

6.フォートレオン

「フォートレオン」はフロントラインシリーズで言うところの「フロントラインプラス」と比較される、スポットタイプのノミ・ダニ予防の駆除薬ですので、フロントラインのジェネリックではありません。

「フィプロニル」を有効成分としているフロントラインに対し、フォートレオンの有効成分は「イミダクロプリド」という成分。

そして、フロントラインプラスには幼虫の成長を阻害する働きがある「(S)-メトプレン」が配合されていますが、フォートレオンはダニの駆除や忌避に加え、蚊に対する忌避効果も期待される殺虫成分「ペルメトリン」が含まれています。

因みにペルメトリンは猫に対して毒性を持つため、フォートレオンの猫用はありません。

シャンプーは投薬後2週間からという点がデメリットになっていますが、蚊に対する忌避効果もあるため、利用エリアによってはフォートレオンがおすすめとなる場合もありそうです。

フォートレオン
動物用医薬品
有効成分
(1mL中)
イミダクロプリド 100.0mg
ペルメトリン 500.0mg
効能・効果 ノミ・マダニへの駆除効果(約5〜6週間)
蚊に対する忌避効果(約1ヶ月)
用法 7週齢以上、または体重2kg以上の犬
ラインナップ
  • フォートレオン 0.4mL
    (対象:2kg〜4kg)
  • フォートレオン 0.8mL
    (対象:4kg〜8kg)
  • フォートレオン 1.6mL
    (対象:8kg〜16kg)
  • フォートレオン 3.2mL
    (対象:16kg〜32kg)
  • フォートレオン 4.0mL
    (対象:32kg〜40kg)
原産国 ドイツ
ブランド バイエル

7.プラク-ティック

「プラクーティック」は主成分に「ピリプロール」という成分を配合したノミ・マダニの駆除薬です。

ピリプロールは犬用のノミ・ダニ防除剤のほか、シロアリ防除剤にも使用されている殺虫成分で、フロントラインに使用されているフィプロニルと同じ「フェニルピラゾール系」の薬剤です。

プラクーティックは投薬後に早く乾く点が特徴となっており、投薬後8時間からの水浴び、1日後からはシャンプーも可能。投薬後にシャンプーを1回実施、または水浴びを1週間毎に4回実施しても、効果は1ヶ月持続することが確認されています。

フロントラインは8週齢(または10週齢)から使用できるのに対し、プラクーティックは月齢3ヶ月以上〜。他の駆除薬よりも使用できる月齢が遅い点はデメリットかもしれません。

プラクーティック
動物用医薬品
有効成分
(1ピペット中)
ピリプロール 137.5mg
効能・効果 ノミ・マダニへの駆除効果(1ヶ月)
用法 3ヶ月以上、または体重2kg以上の犬
(体重1kgあたりの基準量:ピリプロール12.5mg)
ラインナップ
  • プラクーティック 超小型犬用
    (対象:2kg〜4.5kg)
  • プラクーティック 小型〜中型犬用
    (対象:4.5kg〜11kg)
  • プラクーティック 中型犬用
    (対象:11kg〜22kg)
  • プラクーティック 大型犬用
    (対象:22kg〜50kg)
原産国 ドイツ
ブランド エランコジャパン
Ad

スポットタイプとチュアブルタイプ

草原の犬

ここまではノミ・ダニ駆除薬を簡単に理解するため、「有効成分」と「ジェネリック医薬品」の2つのポイントに注目してきましたが、3つ目のポイントとして「投薬の方法の違い」があります。

紹介してきたノミ・ダニ駆除薬はすべて、犬の皮膚・被毛に滴下して使用する「スポット」タイプのものでしたが、他にも食べさせて投薬する「チュアブル」タイプのノミ・ダニ駆除薬もあります。

代表的なのは「ネクスガード スペクトラ」という動物用医薬品で、有効成分には「アフォキソラネル」と「ミルベマイシンオキシム」という成分が使用されています。

「ネクスガード」と「フロントライン」の違い

チュアブルタイプのネクスガード スペクトラは皮膚や被毛を汚すことなく、投薬後もすぐにシャンプーが可能で、月に一度与えるだけでノミ・マダニの駆除・予防効果が得られるほか、フィラリアに対しても100%の予防効果を得られる駆除薬です。

ただし、フィラリア対策は住んでいるエリアによって必要になる期間も異なるため、この期間にネクスガードを投薬する必要はなくなります。そのため、フロントラインの方がピンポイントで使いやすいというメリットはあります。

住んでいる場所や愛犬の体質によっても合う・合わないはありますので、一概にどちらが良いかという判断はできません。動物病院の先生とも相談の上、適切な方を選ぶようにしましょう。

動物用医薬品をネットで購入しても問題はない?

犬とパソコン

ネットでもノミ・ダニ駆除薬を購入することができますが、実際のところネットで動物用医薬品を買うことに不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし、平成25年の薬事法改正に伴い、動物用医薬品のネット販売に関してルールが定められたので、現在ネット販売できているサイトでは安心して購入することが出来るようになりました。

ポイントは「ネットでも相談ができる」かどうか

動物用医薬品を販売する以上、「動物用医薬品店舗販売業の許可」を得ているのは当然のことです。

一方、改正後のポイントとなっているのが、購入者に対して必要な情報提供が行える体制が整っているかどうかという点です。

ネット販売であっても、購入者が店頭以外(営業時間内)で薬剤師に相談が行える体制が整っていなければ、動物用医薬品をネット販売することはできません。

ネット販売については薬剤師不在時の出荷作業は停止する形となりますので、基本的に営業時間内は医薬品について相談することが可能となっています。

いきつけの動物病院に相談を!

動物用医薬品は基本、動物病院で処方・購入するものです。ノミ・ダニ駆除薬を含め、はじめての動物用医薬品を使用する場合はいきつけの動物病院で相談・処方してもらうようにしましょう。

100%の安心はありませんが、どんな医薬品であっても副作用が起きる心配はあります。副作用やその他の心配を含め、少しでもリスクを減らすためには動物病院で相談するのが安心です。

なお、本記事でも医薬品の効果・効能についてまとめてきましたが、利用時の効果・効能については100%保証するものではありません。使用時には必ず獣医師の指示のもと、使用するようにしましょう。

【参照】

Ad

※ご紹介した情報はWEBサイトなどから内容を参考・引用させて頂いておりますが、執筆時点での情報の為その後内容に変更があり情報に誤りが生じる場合がございます。
※記事の内容に関する変更・リンク等削除依頼は随時承っておりますのでこちら からご連絡ください。