【映画】犬の映画賞「パルム・ドッグ賞」を振り返る!受賞作品を一挙紹介

palmdog-award

皆さんは「パルム・ドッグ賞」という映画賞をご存知でしょうか。「アカデミー賞」や「ゴールデングローブ賞」など、優れた映画作品に贈られる賞には色々な賞が存在しますが、パルム・ドッグ賞は優れた演技を見せた「犬」に対して贈られる映画賞です。

そんなパルム・ドッグ賞も第20回目を数える賞となっており、メモリアルイヤーとなる2020年は歴代のパルム・ドッグ賞受賞犬の中から、より優秀な犬を表彰する「Palm Dog of Palm Dogs」が開催となりました。

そこで今回は、2001年〜2019年の歴代パルム・ドッグ賞受賞作品と受賞犬について詳しく解説していきたいと思います!

Ad
Ad

もくじ

パルム・ドッグ賞とは?

camylla-battani-AoqgGAqrLpU-unsplash

※写真はイメージです。

かの有名なフランスの映画祭「カンヌ国際映画祭」の中の、初めは小さなイベントだった「パルム・ドッグ賞(PalmDog Award)」は、映画に出演している「犬」に与えられる2001年設立の映画賞のひとつ。

「カンヌ映画祭」では、その年の最も優れた映画に「パルム・ドール賞(最高賞)」が贈られますが、パルム・ドッグ賞はこのパルム・ドール賞をもじった、シャレの賞でもありました。

初めは正式な「カンヌ映画祭」の賞ではなかったものの、すでに20年もの歴史を持つパルム・ドッグ賞も今では「カンヌ映画祭 特別賞」の枠組みで開催されるまでに成長しており、俳優犬たちにとって大変名誉ある賞となっています。

実は他の映画賞と同じくらい意味のある賞

パルム・ドッグ賞は俳優犬だけではなく、映画監督や出演者にとっても重要な意味を持つ賞で、2019年のパルム・ドッグ賞授賞式では「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」でパルム・ドッグ賞を受賞した犬に加え、タランティーノ監督自らが授賞式を訪れるほどでした。

また、出演者のブラッド・ピットもブランディがパルム・ドッグ賞を受賞することを願っていたといいます。

審査員には映画評論家がズラリ

パルム・ドッグ賞の審査員には、英ガーディアン紙の「ピーター・ブラッドショウ(Peter Bradshaw)」さん、映画ジャーナリストの「ウェンディ・ミッチェル(Wendy Mitchell)」さんなど、日本ではあまり知られてはいませんが、著名な方々が審査員を務めていらっしゃいます。

犬に対して与えられる賞なので、動物愛護関係の方々が選出しているかと思いきや、「カンヌ映画祭」と同じタイミングで開催されているアワードなので、かなり本格的な映画評論家4〜5名が毎年審査員を担当しています。

つまり、パルム・ドッグ賞は単にかわいいとか、素晴らしいとかの物差しではなく、映画の一出演者(出演犬)として演技力や存在感をジャッジされ、選出されているわけです!

2001年パルム・ドッグ賞受賞作品
「アニバーサリーの夜に」

created by Rinker
エスピーオー
¥1,200 (2021/09/14 15:39:05時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル アニバーサリーの夜に
原題 The Anniversary Party
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
評価 3.1
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 オーティス(Otis)

記念すべき第一回のパルム・ドッグ賞には、映画「アニバーサリーの夜に」に出演したシェパードとバセンジーのMIX犬「オーティス(Otis)」が受賞。

女優のジェニファー・ジェイソン・リーが主演・監督を務めた本作では、グウィネス・パルトローやアラン・カミング、フィビー・ケイツなども出演した、意外と?豪華な出演陣も見どころです。

結婚パーティーに集まった男女の様子を描いた映画で、様々なトラブルやゴタゴタに見舞われる内容ですが、受賞したオーティスはゴタゴタの始まりと終わりを表現した”しおり”的なキャラクターで登場します。

2002年パルム・ドッグ賞受賞作品
「過去のない男」

created by Rinker
¥2,787 (2021/09/14 15:39:06時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル 過去のない男
原題 MIES VAILLA MENNEISYYTTA
ジャンル コメディ/ロマンス
製作国 フィンランド、ドイツ、フランス
評価 3.9
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 タハティ(Tähti)

記憶を失い、貧しい人々と生活を再建していく男を描いたフィンランド映画「過去のない男」は、オスカー賞にもノミネートされた作品で、2002年のカンヌ映画祭グランプリ、最優秀女優賞を受賞した作品です。

こちらの映画に登場する「ハンニバル」という役名で登場した犬が、2002年のパルム・ドッグ賞を受賞。

因みにこの犬は、監督・脚本を務めた「アキ・カウリスマキ」さんが飼っているペットの「タハティ(Tähti)」なのだそう。

2003年パルム・ドッグ賞受賞作品
「ドッグヴィル」

created by Rinker
Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥2,198 (2021/09/14 15:39:07時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル ドッグヴィル
原題 Dogville
ジャンル サスペンス
製作国 デンマーク
評価 3.7
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 モーゼス(Moses)
Special
mention
ブルーノ「The Triplets of Belleville」

2003年のパルム・ドッグ賞は、映画「ドッグヴィル」に出演した「モーゼス(Moses)」が受賞。

ニコール・キッドマン演じる女性を中心に、小さな町で起きる事件や生活を描いた作品ですが、全てが1つの舞台上で描かれ、作中でナレーションが頻繁に入るという斬新な手法でも話題になった映画です。

映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の監督・脚本が手掛けた作品で、パルム・ドッグ賞を受賞したモーゼスも、映画の最後の最後に登場。ただ、かなりのインパクトを与えています。内容はかなり暗いので好みが分かれるかもしれません!

2003年からは特別賞となる「Special mention」が誕生

パルム・ドッグ賞には第3回開催の2003年から次点賞とも言うべき「Special mention」という名目の賞が誕生しています。

パルム・ドッグ賞を受賞した犬が、その年の最も栄誉ある映画主演犬として選ばれるわけですが、「Special mention」には“この犬も見逃せない!”と言った意味があります。

パルム・ドッグ賞としては”次点賞”となるわけですが、こちらも見逃せない賞になっています!

2004年パルム・ドッグ賞受賞作品
「モンドヴィーノ」

created by Rinker
東北新社
¥2,538 (2021/09/14 15:39:07時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル モンドヴィーノ
原題 Mondovino
ジャンル ドキュメンタリー
製作国 フランス、アメリカ
評価 3.6
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 主演したすべての犬
Special
mention
アクロバット「Life is a Miracle」

2004年のパルム・ドッグ賞を受賞したのは、ドキュメンタリー映画「モンドヴィーノ」に出演した「すべての犬」が受賞。

映画の内容はフランスのワイン業界の現状や実態に迫った、本格派のドキュメンタリー映画で、カンヌ映画祭パルム・ドール賞ノミネート作品とのことですが、私も見たことが無いので説明ができません・・・

パルム・ドッグ賞には特定の主演犬ではなく、主演したすべての犬が受賞という新しいパターンだけに、ちょっと見てみたい作品です。

2005年パルム・ドッグ賞受賞作品
「天空の草原のナンサ」

created by Rinker
¥1,500 (2021/09/14 23:41:45時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル 天空の草原のナンサ
原題 Cave of the Yellow Dog
ジャンル ドラマ
製作国 ドイツ、モンゴル
評価 3.8
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 「ツォーホル(Zochor)」役のシェパード
Special
mention
ウェスティ(名前不明)「ぼくとボビーの大逆転」

2005年パルム・ドッグ賞に受賞した犬は、「天空の草原のナンサ」に出演していた「ツォーホル(Zochor)」役のシェパード。公式サイトにも「Winner: “The Shepherd’s Dog”」としか記載がありませんが、「ブルーノ」という名前の犬かもしれません。

2005年のアカデミー賞 最優秀外国語賞にもノミネートされた「天空の草原のナンサ」は、モンゴルで遊牧民として生活する少女と一家を舞台にした作品。

少女が洞窟で発見した子犬の「ツォーホル(Zochor)」を父親に内緒で飼うものの、子犬がいつの間にかいなくなってしまう・・・という作品のようです。

2006年パルム・ドッグ賞受賞作品
「マリー・アントワネット」

タイトル マリー・アントワネット
原題 Marie Antoinette
ジャンル ドラマ,伝記
製作国 アメリカ
評価 3.3
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 モップス(Mops)
Special
mention
シュナウザー(名前不明)「Pingpong」

「マリー・アントワネット」を題材にした作品は数多くありますが、2006年に製作された、キルスティン・ダンスト主演、監督 ソフィア・コッポラの「マリー・アントワネット」は、その中でも特に話題になりましたよね。

「浪費の女王」とも揶揄されるマリー・アントワネットの生涯を描いた本作では、劇中に登場するパグの「モップス(Mops)」が2006年パルム・ドッグ賞を受賞。

マリー・アントワネットと言えば「パピヨン」というイメージも強いですが、本作ではパグやチワワ、ペキニーズ等がメインで登場しています。

created by Rinker
Used Item
¥3,430 (2021/09/14 15:39:09時点 Amazon調べ-詳細)

2007年パルム・ドッグ賞受賞作品
「捨て犬マッカムの大冒険」「ペルセポリス」

created by Rinker
竹書房
¥1,629 (2021/09/14 15:39:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,800 (2021/09/14 23:41:46時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル 捨て犬マッカムの大冒険
ペルセポリス
原題 Mid Town Gang
Persepolis
ジャンル 捨て犬マッカムの大冒険/コメディ
ペルセポリス/青春、アニメーション
製作国 捨て犬マッカムの大冒険/タイ
ペルセポリス/フランス
評価 捨て犬マッカムの大冒険/4.3
ペルセポリス/3.8
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 「捨て犬マッカムの大冒険」すべての犬
「ペルセポリス」ユキ

2007年のパルム・ドッグ賞は、なんと2作品に登場する犬が同時受賞という形になりました。

せめてどちらか決めてほしいという気もしますが、「捨て犬マッカムの大冒険」はコメディ映画、「ペルセポリス」はアニメーション映画という事で、パルム・ドッグ賞から初のアニメーション映画での受賞という点でも、これまでと違った形となったようです。

タイ映画「捨て犬マッカムの大冒険」は、タイの首都バンコクを舞台に、野良犬たちの冒険を描いたコメディ映画で、パルム・ドッグ賞には「すべての犬」が選ばれています。

「ペルセポリス」は1970年〜1990年代のイランを舞台にしたアニメーション映画で、テヘランに住む少女の人生を描いた、監督自身の自伝的な内容の作品のようです。パルム・ドッグ賞には、作中に登場する「ユキ(Yuki)」という犬が受賞。

2008年パルム・ドッグ賞受賞作品
「ウェンディ&ルーシー」

タイトル ウェンディ&ルーシー
原題 Wendy and Lucy‪
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
評価 3.6
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 ルーシー(Lucy)
審査員賞 モリー「ホルテンさんのはじめての冒険」

2008年パルム・ドッグ賞は「ウェンディ&ルーシー」が受賞。

職を探すために愛犬を連れて町を離れ、道中に車の故障や金欠に見舞わられ、愛犬の餌を万引をしてしまうことで愛犬の行方がわからなくなってしまうという、トラブル続きの映画です。

本年度のパルム・ドッグ賞は、主演のミシェル・ウィリアムズ演じるウェンディが飼っている「ルーシー」が、創設以来初となる”満場一致”で受賞が決まったらしいです。

因みにルーシーは監督が飼っているペット(雑種)なのだそう。

2008年からは「審査員賞」が追加に!

2003年のパルム・ドッグ賞から「Special mention」という賞が追加になりましたが、2008年パルム・ドッグ賞からは正式に「審査員賞(Jury prize)」が誕生しました。

一方の「Special mention」は、その年によって出るか出ないかわからない”賞”となっており、審査員賞とは全く別の考え方を持つ賞となっています。

created by Rinker
Oscilloscope
¥3,559 (2021/09/14 23:41:46時点 Amazon調べ-詳細)

2009年パルム・ドッグ賞受賞作品
「カールじいさんの空飛ぶ家」

created by Rinker
¥300 (2021/09/14 15:39:11時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル カールじいさんの空飛ぶ家
原題 Up
ジャンル ファミリー、アニメーション
製作国 アメリカ
評価 3.6
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 ダグ(Dug)
審査員賞 レックス「籠の中の乙女」
Special
mention
Tennants「フィッシュタンク〜ミア、15歳の物語」

おじいさんが亡き妻との約束を果たすために、大量の風船を使って家ごと旅してしまう冒険アニメーション。

ディズニー・ピクサー映画らしい、心温まる内容のアニメーション映画です。

アニメーション映画からの受賞としてはパルム・ドッグ賞 2作目となる本作では、「ダグ(Dug)」という犬が受賞。

首輪に翻訳機を付けたゴールデン・レトリバーの”野良犬”で、かなりいい味出している旅のお供です。

2010年パルム・ドッグ賞受賞作品
「タマラ・ドゥルー〜恋のさや当て〜」

created by Rinker
¥2,125 (2021/09/15 11:53:09時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル タマラ・ドゥルー〜恋のさや当て〜
原題 Tamara Drewe
ジャンル コメディ
製作国 イギリス
評価 2.7
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 ボス(Boss)
審査員賞 Vuk「四つのいのち」

2010年のパルム・ドッグ賞にはラブコメ映画の「タマラ・ドゥルー〜恋のさや当て〜」に出演した「ボス」が受賞を決めました。

英ガーディアン紙に掲載されていた小説を映画化した作品ですが、日本では劇場未公開作品。

WOWOWオンラインにて配信されていたようですが、執筆時点では配信も終了している様子でした。

2011年パルム・ドッグ賞受賞作品
「アーティスト」

created by Rinker
¥330 (2021/09/14 15:39:12時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル アーティスト
原題 The Artist
ジャンル ドラマ
製作国 フランス
評価 3.7
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 ジャックを演じたアギー(Uggie)
審査員賞 ライカ(Laïka)「ル・アーヴルの靴みがき」

「パルム・ドッグ賞」という賞の名を有名にしたのも、2011年公開の映画「アーティスト」で名演を見せた「アギー」のおかげと言っても過言ではありません。

「アーティスト」は映画界の変革期を描いたモノクロ映画で、サイレント映画からトーキー映画(台詞のある映画)へと移行していく1927年のハリウッドを描いた作品です。

2011年のアカデミー賞やゴールデングローブ賞など、名だたる賞を受賞した本作ですが、カンヌ映画祭ではパルム・ドッグ賞も見事受賞。

映画自体もかなりの話題作となっていましたが、「ジャック」を演じたアギーも話題の一つに上がっており、歴代の演技犬でも特に名を馳せる名犬となりました。

2012年パルム・ドッグ賞受賞作品
「サイトシアーズ〜殺人者のための英国観光ガイド」

タイトル サイトシアーズ〜殺人者のための英国観光ガイド〜
原題 Sightseers
ジャンル コメディ
製作国 イギリス
評価 2.8
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 ポピー役の「Ged」とバンジョー役のスマーフ
審査員賞 ビリー・ボブ「Le grand soir」

2012年のパルム・ドッグ賞には映画「サイトシアーズ〜殺人者のための英国観光ガイド〜」に出演した二頭の犬が選ばれました。

作品を見ていないのでわからないのですが、1頭は予告にも登場している「Poppy(ポピー)」を演じたGed、もう1頭が「Banjo(バンジョー)」を演じたSmurfという犬です。

どうやら犬に対する注意から物語が始まっているようなので、肝心な役どころのようですね。予告にもたくさん登場しているので面白そうですが、殺陣シーンも登場してたので、そういうのが苦手な人は避けたほうが良いかも?

created by Rinker
Transformer
¥5,954 (2021/09/14 15:39:13時点 Amazon調べ-詳細)

2013年パルム・ドッグ賞受賞作品
「恋するリベラーチェ」

タイトル 恋するリベラーチェ
原題 Behind the Candelabra
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
評価 3.4
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 Baby Boy
審査員賞 the pooch posse「The Bling Ring」

俳優のマイケル・ダグラス、マット・デイモン主演、スティーブン・ソダーバーグ監督の映画「恋するリベラーチェ」に出演していたプードル「Baby Boy」が2013年パルム・ドッグ賞を受賞。

また、審査員賞にはソフィア・コッポラ監督、エマ・ワトソン主演の「ブリングリング」に主演していた「The pooch posse」が選ばれました。

ソフィア・コッポラ監督の作品は2006年にパルム・ドッグ賞を受賞した「マリー・アントワネット」と合わせて2回目!犬も優れた演技を見せていますが、監督の手腕も関係していそうです。

2014年パルム・ドッグ賞受賞作品
「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」

タイトル ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲
原題 White God
ジャンル ドラマ
製作国 ハンガリー、ドイツ、スウェーデン
評価 3.3
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 ボディ(Body)とルーク(Luke)
※2頭で1役
審査員賞 Roxy Miéville「さらば、愛の言葉よ」
Special
mention
Moujik「SAINT LAURENT/サンローラン」

公開時には、やや話題となった「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」。作中では一人の女の子を中心に描かれますが、彼女が飼ってる”雑種犬”の「ハーゲン(Hagen)」演じる「ボディ(Body)」と「ルーク(Luke)」が、2014年のパルム・ドッグ賞受賞犬です。

ざっくり内容を説明すると、”雑種犬”に税金がかけられるようになり、多くの人が雑種犬を捨てるという行動に。元々ペットとして飼われていた”雑種犬”たちは野犬の集団となり、生存するため、人間に対して攻撃を仕掛けるようになるという内容です。

予告動画をみると多くの犬が登場していますが、その数も250匹にも及びます。また、驚くことにパルム・ドッグ賞を受賞したボディとルークを除く、250匹の犬は、全て実際の保護施設から選ばれ、1ヶ月以上に渡る訓練を経た後に映画デビューしています。(撮影後はすべての犬に飼い主が見つかっています!)

“雑種犬”にターゲットを絞っていますが、大きな枠では「動物保護」をテーマとした映画です。ただし、映画はあくまで”捨てられた”犬目線で作られていますので、基本的に”人間”は自分たちを捨て、恐ろしい目に合わせる”敵”として描かれています。

見た後は暗い気持ちになりますが、心には残る映画だと思います。

created by Rinker
¥500 (2021/09/15 11:53:09時点 Amazon調べ-詳細)

2015年パルム・ドッグ賞受賞作品
「Arabian Nights」

created by Rinker
¥1,422 (2021/09/14 15:39:16時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル Arabian Nights
原題 Arabian Nights
ジャンル
製作国 ポルトガル
評価 4.6
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 ラッキー(Lucky)
審査員賞 ボブ「ロブスター」
Palm
DogManitarian
「アイ・アム・ア・ソルジャー(JE SUIS UN SOLDAT)」

全3部作、合計381分にも及ぶ超大作映画のようですが、日本では見られない映画のようですね。

作中で登場する「ディキシー(Dixie)」を演じた、マルプー(マルチーズとプードルのMIX犬)の「ラッキー(Lucky)」が2015年のパルム・ドッグ賞を受賞しました。

「PalmDogManitarian award」が新たに作られました!

どんどんと盛り上がりを見せるパルム・ドッグ賞ですが、2015年からは最高賞のパルム・ドッグ賞と”この犬にも注目!”な「Special mention」に加え、「PalmDogManitarian award」という賞も追加に。

PalmDogManitarian Awardの”DogManitarian”は、人道主義や博愛主義といった意味を持つ”Humanitarian(ヒューマニタリアン)”から派生させた言葉のようなので、”DogManitarian”は犬博愛主義や犬主義?といった意味なのかなと。

パルム・ドッグ賞は主に「作品」に出演している犬に対して与えられる賞ですが、「PalmDogManitarian award」は「作品」にこだわらず、”犬博愛主義”を広域で捉えた作品や考え方が該当する賞になっています。

記念すべき最初の受賞は、映画「アイ・アム・ア・ソルジャー(JE SUIS UN SOLDAT)」というフランスの作品で、調べたところ、主人公が失業者で犬の違法取引を始めるといった内容の作品のようです。

正直こちらの方が興味ありますが、日本には入ってきていないようなので見られないようです。残念。

created by Rinker
¥3,493 (2021/09/14 15:39:16時点 Amazon調べ-詳細)

2016年パルム・ドッグ賞受賞作品
「パターソン」

created by Rinker
¥500 (2021/09/14 23:41:49時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル パターソン
原題 Paterson
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
評価 3.8
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 ネリー(Nellie)
審査員賞 Jacques「In Bed with Victoria」
Palm
Dogmanitarian
映画監督「ケン・ローチ」が制作した3本足の「シア」の特集
「Ken Loach for featuring a three-legged Alsatian “Shea” in a number of his films.」

2016年のパルム・ドッグ賞は映画「パターソン」で「マーヴィン(Marvin)」を演じた、元保護犬の「ネリー(Nellie)」が受賞。(因みに俳優の永瀬正敏さんも出演してます!)

実はこのネリー、パルム・ドッグ賞を受賞した時にはすでに虹の橋を渡っており、パルム・ドッグ賞設立以来初となる、亡くなった演技犬に授与されるという快挙を成し遂げています。

ネリーは元々、ミュージカルなどでも人気を集めていた犬で、映画「パターソン」で初めての映画デビューとなっていましたが、映画の製作中に癌が発見され、8年の生涯に終わりを告げていました。

プロデューサーのカーター・ローガンさんは授賞式の際、元保護犬でもあったネリーの話に触れ、店やブリーダーからではなく、保護犬を養子にしてくださいとスピーチしたのだそうです。

2017年パルム・ドッグ賞受賞作品
「マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)」

タイトル マイヤーウィッツ家の人々
原題 The Meyerowitz Stories
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
評価 3.7
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 スタンダード・プードルのアインシュタイン(Einstein)
審査員賞 Lupo「Ava」
Palm
Dogmanitarian
女優のレスリー・キャロンと17歳の救助犬「チチ」
「Leslie Caron and her 17-year-old rescue dog Tchi Tchi」

アダム・サンドラー、ベン・スティラー、ダスティン・ホフマンなど、名だたる役者さんが登場する映画「マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)」。(”改訂版”だけど、これが本作。)

本作で2017年パルム・ドッグ賞を受賞した犬が、作中で「ブルーノ(Bruno)」を演じたスタンダード・プードルの「アインシュタイン(Einstein)」。白くてきれいなスタンプです。

因みに「マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)」はNetflixオリジナル作品となっているので、Netflixでのみ視聴可能となっています。

2018年パルム・ドッグ賞受賞作品
「ドッグマン」

created by Rinker
¥1,000 (2021/09/15 11:53:10時点 Amazon調べ-詳細)
タイトル ドッグマン
原題 Dogman
ジャンル ドラマ
製作国 フランス、イタリア
評価 3.6
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 出演した全ての犬
Palm
DogManitarian
Diamantino「Gabriel Abrantes & Daniel Schmidt」
Special
mention
作家のヴァネッサ・デイヴィスさんと、ペットのパトリック(「パグ・アクチュアリー」に出演)
「Vanessa Davies and her dog Patrick」

2018年のパルム・ドッグ賞を制したのは映画「ドッグマン」に出演したチワワでした。

パルム・ドッグ賞の公式サイトでも”frozen and resuscitated chihuahua(凍結と蘇生のチワワ)”と紹介されていたのですが、映像を見ると納得がいくはず。

いかがでしょう。見事な「凍結」ですね。この硬直した様子も”演技”なのですから大したものです。

作品中、このチワワのジョイが登場するのはこのワンカットだけになりますが、パルム・ドッグ賞を受賞するほどのインパクトを与える演技力でした。

2019年パルム・ドッグ賞受賞作品
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

タイトル ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
原題 Once Upon a Time in Hollywood
ジャンル コメディ、ドラマ
製作国 アメリカ、イギリス
評価 3.9
(Filmarksより 2020/09/27時点)
受賞 ブランディ(Brandy)
審査員賞
(2作品)
出演した犬「Little Joe(オーストリア)」「Aasha and the Street Dogs(イギリス)」
Palm
DogManitarian
Googleの犬に優しい環境と仕事場
(Google for good doggie deeds and wonderfully dog friendly workplace)

1969年のハリウッドで起きた実際の事件「シャロン・テート殺害事件」を題材に、当時のハリウッド映画界を描いた「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。

冒頭でも触れましたが、2019年のパルム・ドッグ賞には本作に登場したアメリカンピットブルの「ブランディ」が受賞しました。

タランティーノ監督といえば、生涯10作をもって監督業から引退すると宣言していますが、本作は9作目にあたる映画です。そんな貴重な作品でパルム・ドッグ賞を受賞したのは喜ばしいことですね。

そして、2019年のPalm DogManitarianを受賞したのは、これまでには無いパターンの「Google社」が受賞となりました。

いつもお世話になっている「Google社」ですが、Googleのオフィスと言えばペットを連れてきてOKな、ペットフレンドリーな職場で知られます。

今回はこうした、犬と人間社会にとってプラスな方向を向いている企業・犬博愛主義の企業として、Palm DogManitarian Awardを受賞することになったようです。

2020年は歴代1位を決める「パルム・ドッグ of パルム・ドッグス」

2020年のパルム・ドッグ賞に関しては、これまでの歴代パルム・ドッグ賞受賞犬の中から、どの犬が最も優れた演技を見せたかという「Palm Dog of Palm Dogs」が開催されることに。

”パルムドッグ賞の中のパルム・ドッグ賞”という、歴代1位のパルム・ドッグ賞受賞犬を選ぶ2020年のパルム・ドッグ賞ですが、見事栄冠に輝いたのは2011年の映画「アーティスト」で名演を演じた「アギー」が、”Palm Dog of Palm Dogs”を受賞しました。

名犬アギーは2015年、虹の橋をすでに渡っていた

トップ・オブ・パルムドッグ称号を手に入れた、パルムドッグ賞の「顔」とも言えるスター犬アギーですが、実は2015年に13年間の犬人生に幕を下ろしていました。

動物保護施設に送られるところだったアギーは、2002年生まれのジャック・ラッセル・テリアで、晩年は前立腺腫瘍が見つかり闘病生活を送っていましたが、最終的に安楽死という選択が取られました。

カンヌ国際映画祭が有するパルム・ドッグ賞も素晴らしい賞であることに違いありませんが、映画界での最高峰と言える「アカデミー賞」で「最優秀助演男優賞」の受賞を求める運動(Consider Uggie campaign:「アギーを検討」キャンペーン)も起きるなど、アギーの名演は数多くの話題を呼びました。

残念ながらアカデミー賞での受賞が叶うことはありませんでしたが、名だたる映画俳優などが手形・足型などを残すハリウッド大通りの「グローマンズ・チャイニーズ・シアター(TCL Chinese Theater)」前には、アギーの足型が設置されています。


アギー、受賞おめでとう!そしてご冥福をお祈りします

2020年PalmDogManitarian賞受賞は?

2020年のPalm DogManitarian賞受賞は、イギリスのジャーナリスト「クレア・ボールディング(Clare Balding)」さんが受賞となりました!

日本では馴染みのない方ですが、クレアさんは大の動物愛好家でもあり受賞歴もあるジャーナリストで、BBC放送などでもコメンテーターを務める方のようです。

そんな彼女が、犬のしつけやコミュニケーションに関連したポッドキャスト「Dog Cast」の配信を初めたことでも話題を集め、こうした活動が評価されて2020年のPalm DogManitarian賞の受賞となったようです。

※ポッドキャスト:ラジオ放送のように録音したデータ放送

2021年のパルム・ドッグ賞は!?

カンヌ国際映画祭は例年5月に開催される映画祭ですが、2020年はCOVID-19の影響により、映画祭の開催中止が決まりました。当初は5月から7月頃に開催を遅らせる方向で動いていたものの、他のイベント同様に開催見送りという形になったようです。

そんなカンヌ国際映画祭ですが、執筆時点(2020/10/06時点)で予定されている2021年カンヌ国際映画祭は2021年5月11日(火)、5月22日(水)の2日間となっています。

20年という一区切りがついたパルム・ドッグ賞ですが、続く第21回のパルム・ドッグ賞も気になりますね!まずは無事に開催されることを祈っています!

さいごに

今回はパルム・ドッグ賞の2001年受賞作から2019年受賞作までの作品と、パルムドッグ賞を受賞した名犬たちについてご紹介してきました。

書いといてなんですが、今回の記事は調べることが多すぎて大変でした・・。やや鬱陶しい解説付きでご案内してきましたが、いかがでしたでしょうか。一つでも、二つでも”これ見たい”と思っていただける映画があれば嬉しいです!

という私も全ての作品を見れているわけではなく、今回調べて面白そう!と思った作品もたくさんありました。家にいる機会が増えている近頃ですが、たまにはこういった作品賞を辿って、映画選びしてみるのもおすすめですよ!

【参照】

Ad

※ご紹介した情報はWEBサイトなどから内容を参考・引用させて頂いておりますが、執筆時点での情報の為その後内容に変更があり情報に誤りが生じる場合がございます。
※記事の内容に関する変更・リンク等削除依頼は随時承っておりますのでこちら からご連絡ください。