Spotifyのペット専用プレイリストで音楽を楽しむ方法

pet-playlists-image

ペットに音楽なんて必要ある?
音楽の良し悪しは動物にはわからない?

そんな意見もありますが、音楽ストリーミングサービスの大手で知られる「Spotify」が、ペット専用のプレイリストを作成できるサービスを公開中。

今回は、このサービスについて詳しく解説していきます!


Ad
Ad

ペット専用プレイリストが作れるSpotifyの「Pet Playlists」

music&cat

動物にとって音楽にプラスの効果があるのか、ないのか。

そんな議論も長らく続けられているわけですが、音楽ストリーミングサービス大手で知られる「Spotify(スポティファイ)」が、動物専用の音楽プレイリストを作成できるサービス「Pet Playlists」を2020年に開始しました。

Spotifyは「音楽」を扱う企業ですので、動物にも音楽を!という試みで始めたこのサービス。

「どうせお遊びなんでしょ?」と思ってしまう方もいるかも知れませんが、ヨーロッパ各国でのオンライン調査や動物音楽の研究者を招き、科学的に基づいた理論でペット専用のプレイリストを作成することができるサービスなんです。

さらに料金もかからないサービスなので、誰でも楽しむことができます!

まずは無料でSpotifyを利用してみましょう!

spotify-image

Spotifyは無料でも有料でも利用できるストリーミングサービスですが、このペット用プレイリストの作成もすべて無料で利用することができます。

Spotify無料会員の場合はちょこちょこCMが入るので、気になる方は気になると思いますが、実際は無料でも十分に音楽を楽しむことができます。私も無料で楽しんでいますよ!

Apple Musicも加入していますが、音楽愛はSpotifyの方が強く感じられますのでおすすめです!

「Pet Playlists」は米Spotifyのサービスなので英語です

ペット専用のプレイリストが作成できるSpotifyの「Pet Playlists」。

実はこのサービス、US版Spotifyのサービスですので内容は英語で書かれています。

ただし、日本版Spotifyのアカウントでも利用することはできます。

翻訳機能の付いているブラウザであれば、自動でサイト翻訳してくれるので翻訳しちゃった方が利用しやすいかも。

今回は翻訳できなかった場合のために、英語表記で説明していきますね!

ということで、プレイリストの作成方法について解説していきますので、まずはSpotify「Pet Playlists」にアクセスしてみましょう。(別窓で開きます)

https://pets.byspotify.com/

ペット用プレイリストの作成方法

pets-spotify16

サイトにアクセスすると、このようなかわいらしいトップページが出てきますので、「LET’S GO」のボタンを押して次に進みましょう。

ちなみに下の方に出ている注意書き(緑色のバーの部分)は、クッキー(cookie、犬のクッキーじゃないよ)に関してのプライバシーポリシーですので、×で消しちゃってOKです。

ログイン、またはアカウントの作成

pets-spotify3

次にspotifyのログイン画面に切り替わりますので、いつも利用しているSpotifyのアカウントでログインしましょう。(日本で取得しているspotifyアカウントでOKです!)

なお、Spotifyのアカウントを持っていないという方は、ここでアカウント作成しましょう。

普段利用しているGoogleアカウント、Facebookアカウント、Appleアカウントのいずれかでもログインできますし、新たにSpotify専用のアカウントを作成してもOKです。

Pick your pet(あなたのペットを選んで)

pets-spotify5

ログインが完了すると、プレイリストを作成する動物の種類を選んでくださいという「Pick your pet」の画面に移動します。

ペット用のプレイリストは犬、猫、鳥、ハムスター、イグアナの5種類の動物から選ぶことができますので、選択する動物のイラストをクリックします。

今回は犬を選択。

Tell us more(もっとペットについて聞かせて!)

pets-spotify7

「Tell us more(もっとペットについて聞かせて!)」と出てくるので、質問に答えていきましょう。

なお、3つの質問に答えていくだけでペット専用のプレイリストを作成することができるので簡単です。

ここでは、ペットの性格・状態が「Relaxed(リラックス)」か「Energetic(エネルギッシュ)」かを聞かれますので、スライダーを使ってペットの状態をお知らせしましょう。

pets-spotify9

めちゃめちゃ興奮するタイプであれば、スライダーを一番右に。

pets-spotify8

ほぼ寝ているタイプであれば、スライダーは一番左ですね。

スライダーを動かしたら、「NEXT」のボタンで次の質問に続きましょう。

And?(そして?)

pets-spotify10

ここではペットの性格が「Shy(内向的)」か「Friendly(フレンドリー)」かを尋ねていますので、ペットの性格をお知らせします。

Lastly(最後に)

pets-spotify11

もう最後の質問です。

なぜかペットの事を聞かれると、どんどん答えたくなってしまいます。

Relaxed(落ち着いている?)」または「Curious(好奇心は強い?)」と聞かれますので、ペットの性格に応じてスライダーを動かしましょう。

Let’s see that face(ペットの顔を見せて!)

pets-spotify13

ここではペットの名前と写真を入力しましょう。名前は英語表記でも、日本語表記でも大丈夫です。

なお、写真についてはアップロードしてもしなくてもOK。

インスタ等でプレイリストを共有することもできるので、その予定があれば写真はアップロードした方がいいかも!

プレイリストの完成!

pets-spotify15

これでペット用のプレイリストが完成!spotifyのプレイリストに追加されていますので確認してみましょう。

プレイリストを共有する場合は、SNSのボタンからどうぞ。

Ad

ペット用のプレイリストに意味はある?

bremen

ペット用のプレイリストって言っても、ただ人の好みによって曲を集めただけのサービスなんでしょ?と思ってしまいがち。

ですが冒頭でも説明した通り、ペットの習慣や品種によるデータに基づいたアルゴリズムを使うなど、科学的なアプローチから作成されているプレイリストです。

そして、このアルゴリズムの基となっているのは、アメリカ国立交響楽団のチェリスト「David Teie」さんの研究によるもので、このサービスにも携わっている方です。

Davidさんは猫のためのアルバムを2枚発表していて、海外でも結構話題に上がっていた作品のようですよ。

5,000人のペットユーザーの声を基に

アメリカ、イギリス、オーストラリア、スペイン、イタリアのSpotifyユーザーの中から、ペットを飼育している5,000人を対象にオンライン調査を実施。

その結果、71%のオーナーがペットのために音楽を演奏(または再生)したことがあると回答しました。

この記事を読んでいただいているあなたはどうですか?私は71%の中に入っていますね。

その他のアンケート結果は以下のとおり。

  • 【ペットが好むと思われるジャンル】クラシック&ソフトロック
  • 【飼い主の69%】ペットに向かって歌ったことがあると回答
  • 【飼い主の57%】ペットと一緒に踊ったことがあると回答
  • 【飼い主の55%】ペットが自分と同じ音楽を好むと考えている
  • 【約5人に1人】音楽アーティストやグループにちなんだ名前をペットに付けている
  • 【多くの飼い主】音楽がペットのストレス解消に繋がると考えている
  • 【多くの飼い主】音楽がペットの幸せを後押しすると考えている
  • 【多くの飼い主】ペットと共に音楽を利用(必要と)している

上記の通り、多くの飼い主が音楽がペットを助けることができると考えており、Spotifyが「Pet Playlists」のサービスを開始したきっかけにもなったわけです。

ペットの名前はアーティストの名前?

ちなみに“約5人に1人が、音楽アーティストやグループにちなんだ名前をペットに付けている”という回答。日本でも結構多いのではないでしょうか?

今回の地域による回答例で、トップ5に入っていたのは以下の名前です。

  • Bob Marley(ボブ・マーリー)
  • Elvis(エルヴィス)
  • Freddie Mercury(フレディー・マーキュリー)
  • Bowie(ボウイ)
  • Ozzy(オジー)

レゲエの神様と讃えられる「ボブ・マーリー」をはじめ、ロカビリーの「エルヴィス・プレスリー」がランクインし、ロック界からはQUEENのボーカル「フレディー・マーキュリー」「デビッド・ボウイ」「オジー(・オズボーン)」がランクイン。

ヨーロッパ地域なのでこうした面々ですが、日本ではどんなアーティストが入るのか気になるところです。

【2021年版】英語の犬の名前 男の子/オス編 TOP100

ペットと音楽を楽しもう!

ペット専用のプレイリストは作れたでしょうか?ペットユーザーにとっては、なかなか面白い企画ですよね。

動物と音楽の関係性については、まだまだ議論がなされている段階ですが、私個人としては関連性はある!と信じたいですね。ペットも音楽も大好きですから。

別記事でも、音楽とペットの関連性について深堀りしていますので、見てみてくださいね!

Ad

※ご紹介した情報はWEBサイトなどから内容を参考・引用させて頂いておりますが、執筆時点での情報の為その後内容に変更があり情報に誤りが生じる場合がございます。
※記事の内容に関する変更・リンク等削除依頼は随時承っておりますのでこちら からご連絡ください。